3人に1人の認知症を予防できた

世界中で約5,000万人が認知症に苦しんでいます。平均寿命の増加を考えると、2050年までに1億3,200万人に達する可能性のある数字...しかし、この増加は避けられません。確かに、医学雑誌によって発表された研究 ランセット は、非常に若い年齢から危険因子を減らすライフスタイルを採用すれば、認知症の3症例に1人が予防できることを明らかにしています。

科学者は9つのリスク要因を強調しており、主な3つの要因は教育(認知症を8%減らす)、聴覚(-9%)、タバコ(-5%)です。この研究が導く抗認知症プログラムは、脳を刺激し身体を動かすことにあります... 15歳まで:研究を続けてください。 45〜65の間:高血圧と肥満を減らし、難聴を防ぎます。 65歳から:喫煙を減らし、糖尿病、うつ病、運動不足、社会的孤立を防ぎます。

研究の共著者であるギル・リビングストン教授は次のように説明している。老年期のみ。認知症予防に対するより広範なアプローチは、高齢化社会に役立つと考えています。だから、認知症のリスクと戦うのに遅すぎたり遅すぎたりすることはありません...

家族、最高の抗認知症兵器も読んでください!クロスワードパズル、私たちの脳の変身!

「アンタ誰!?」3人に1人が認知症時代到来! (1月 2022)


友達と共有します:

Nagui(誰もが自分の場所を取りたい)結婚生活について嫌な啓示

アスパラガスのムースとチャービル、クリスピーベーコン