変形性関節症:予防のためのホルモン補充療法?

10年前まで広く使用されていましたが、特定の科学的研究が乳癌の有病率の増加における役割を指摘したため、ジェモニーに捧げられ、ホルモン補充療法(HRT)がリハビリされました。

骨粗鬆症に対するシールド効果に加えて、更年期障害(ほてり、気分障害、不眠症)に対するその作用は、軟骨の資本を維持するのを助けることにより、変形性関節症の予防に真の影響を与えるようです。関節の可動性を維持します。約5,000人の女性を対象に実施され、2018年12月に科学雑誌Ménopauseに掲載された韓国の研究では、膝の変形性関節症の存在は、1年以上ホルモン療法を受けていた人の30%恩恵を受けなかった人と比べて。これを構成するエストロゲンには抗炎症作用があるため、これは特に説明されています。したがって、閉経時に乳がんの重大なリスクがない場合、婦人科医または開業医と話し合った後、ホルモン療法を受ける可能性が研究されます。

マッサージ師・理学療法士であり、整骨師であり、「変形性関節症の偉大な本」の共著者であるジェローム・オージェ(ed。


また読む:

⋙変形性関節症:栄養補助食品にはリスクがないわけではありません!

osteo変形性関節症の場合、どのスポーツを練習すればよいですか?

予防予防反射:関節に優しい

友達と共有します:

無駄のない魚、油っぽい魚、それは食事にカウントされますか?

ビデオ-マークされた暗い円、それらをカモフラージュする方法?