地中海流域は今でも人気があります

ツアーオペレーターOpodoによって確立された夏の目的地の最新ランキングによると、フランス人はより低いコストで太陽とビーチを探しているようです。今年も、地中海の盆地はフランスの旅行者に広く評価され、チュニジアがランキングのトップになりました。長距離に関しては、ドミニカ共和国が最も要望の多い目的地です。

フランスの旅行者が最も予約した5つの目的地はすべて地中海沿岸にあり、チュニジアがランキングの上位にあります。次に、クロアチア、クレタ島、モロッコ、イタリアをフォローします。ツアーオペレーターのOpodoによると、これらの目的地は、そのアクセシビリティ、多様な地理、および価格の点で特に人気があります。
遠くの目的地に関しては、ドミニカ共和国は2008年の夏のシーズンの予約数が最も多く、キューバはオポドで最もリクエストの多い目的地の1つです。
前年とは異なり、この夏の土壇場での販売は少なかった。ツアーオペレーターによると、2007年の同時予約数の50%に対して、2008年7月の直前に予約された予約は48%のみでした。
一方、最もリクエストの多い土壇場の目的地は、2007年とまったく同じで、チュニジア、ギリシャ、クレタ島、シチリア島、さらにはブルガリアです。
最後に、フランス人は今年休暇を控えています。実際、2週間を超える滞在は予約の15%に過ぎませんが、1週間の滞在は80%です。

参照:人々の行き先とこの夏の流行の行き先

絶景!憧れのサントリーニ島!【海水浴・ぶらり歩き】 (12月 2020)


友達と共有します:

エキゾチックなトレンド:装飾の熱帯地方への道を作る

プリンセスと海賊の衣装